ゴキブリの侵入経路

 ゴキブリはどのようにして私たちの生活空間に入り込んでくるのでしょうか。驚くことに、新築の家であっても、知らない間にゴキブリが発生しているというケースもよくあります。
 これは明らかにゴキブリが外部から侵入してきているということを意味しています。
 侵入経路として多いのは、ドアや窓だけではなく、ちょっとした隙間からでも侵入してくるということです。その対策としては、隙間がある場所を事前によくチェックしておくことです。塞げる場所は徹底的に塞いでおきましょう。
 また、エアコンの室外に湿気を出す排水パイプから侵入してくるケースもあるようです。あるいは、電気関係の配線カバーの隙間や、下水からというケースも多いようです。一戸建ての場合は、風呂場や台所、トイレの排水溝なども侵入経路となる可能性はあります。
 場合によっては、換気扇の隙間なども侵入経路になってしまいます。
集合住宅の場合では、建物自体にゴキブリの巣があると、自分の家だけの対策では追いつかないということにもなってしまいます。
敵はわずか2~3㎜程度の隙間からも侵入してくるのです。私たちの日常生活の中で、チェックしているつもりでも、住宅にはわずかな隙間があるものです。ゴキブリはそれを見つけては、侵入してくるのです。
一度侵入されたら、その強い生命力と繁殖力でどんどん増えていってしまいます。とにかく、住宅内で侵入経路となりそうなところをチェックしておきましょう。月経前症候群対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加