犯人はアポクリン腺!

犯人はアポクリン腺!

アポクリン腺は大汗腺と呼ばれているもので、汗腺のひとつで汗を分泌します。
汗腺にはエクリン腺というものもありますが、わきがの原因になるのはアポクリン腺の方になります。
このアポクリン腺は、わきの下以外にも、性器周辺や乳輪周辺、耳の中などに分布していて、足の臭いや耳あかの湿りなども、アポクリン腺が原因と言われています。

何故、アポクリン腺だけが悪者なの?

ここで、アポクリン腺が悪者になっている原因をお話しましょう。

アポクリン腺は汗を分泌するものだと先ほど書きましたが、ここから出る汗は栄養分が多いのです。

アンモニアや脂肪。
ミネラルや鉄分。

このような成分がアポクリン腺から出てくる汗に含まれており、エクリン腺から出てくる汗と成分が混じり合ってしまいます。このように栄養分がたっぷりの汗は細菌が繁殖しやすくなっていて、臭いの原因になってしまうことがあるのです。

エクリン腺についても教えて!

エクリン腺から出てくる汗は、水分がほとんどで、体温調節をする役割があります。
無菌状態のままであれば臭いはないのですが、先ほど説明した通り、アポクリン腺から出てくる汗と混じり合うことで細菌が発生しやすくなり、その細菌が分解されることによって、臭いの原因になってしまいます。

じゃあ、多汗症の人はワキガになるの?

多汗症であればワキガになるというわけではありません。
過剰にエクリン腺から汗が出てしまう多汗症ですが、エクリン腺から出る汗自体は、無菌状態であれば臭いがないからです。
しかし、臭いの原因になってしまうアポクリン腺からの汗と、エクリン腺から出る汗が混じり合う量が多くなるので、臭いが強くなってしまうことがあります。
そして、エクリン腺から出る汗が多い場合、アポクリン腺から出てくる汗も多くなる傾向があるようです。トランシーノを最安値で通販する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加