ローンの審査では何をみられる?

ローンを今から組もうと考えの方、果たして審査に通るのかどうか多かれ少なかれ不安がありますね。
この審査は一体何を基準になされているのでしょうか。
今回はローンの審査で何をみられるのかを紹介します。

まず、申込み時に提出を求められることの多い収入証明書。
その人にどれだけの資力があり、どれくらいの額なら確実に返済してもえるか予測するのです。
返済能力の判断も重要なポイントですが、
実は2006年に改正された出資法によって状況も少し変わっています。
総量規制という言葉をご存知でしょうか。
改正により新たに創設された制度で、年間収入の3分の1以上の借入れがを禁止するというものです。
2010年に施行され、その時点ですでに3分の1に達していた方は、もうそれ以上借りられません。
この規制はあくまでも債権者に対して課されるものでして、この基準に抵触するか判断するためにも
業者は収入の確認を求めてきます。
生活苦に対応するため、収入に見合わない無理なキャッシングをする消費者を守るための
法改正でしたが、当時ある層の消費者から悲鳴があがり世間で話題になりました。
それは専業主婦の皆さんです。
火の車ながら家計を守りたい、けれども夫には内緒でやりくりしたい。
そんな状況の主婦の皆さんがこっそり消費者金融で借入れをしているケースは少なくありません。
主婦は大抵、自分自身の収入はなく夫の稼ぎによって生計を立てています。
よって消費者金融に報告する収入もほぼありません。
主婦でもOKという業者はありますから、以前ならそれでも大丈夫でした。
ところが3分の1という縛りができて、キャッシングでまかなおうとしていたのに
急に閉ざされてしまい一気にやりくりが大変になったのです。
ただしこれは貸金業者、いわゆるサラ金などが守るべきルールで、
銀行のローンは対象外なので、審査が厳しくなるものの総量規制の抜け道はあります。

収入自体も重要な判断基準ですが、他にも業者は見ています。
勤め先や勤続年数を確認されることが一般的ですが
大手企業や公務員に勤めていると、今後の収入が安定しているだろうと判断し
審査も通りやすく、融資額も比較的多くなります。
これがベンチャー企業で新入社員の状態であったり、自営業・フリーランスであれば
将来的に雇用・収入が見込めるか非常に不透明なので
貸す側も慎重にならざるをえません。よって審査に通りづらく、融資額も少ない傾向です。

そして最も大きな要因が信用情報です。
CICなどの信用情報機関に登録されている、今までの全取引の履歴書のようなものです。
いつクレジットカードを作り、審査の結果がどうだった、なども載りますし
何社でどれくらい借入れをしているなどの債務総額も掲載されます。
返済中に延滞が起こったり、債務整理をすることになればその事実も載ります。
ですから既に何かクレジット取引をしていれば絶対に延滞を起こさないでください。
反対に、成人しても長年クレジットカードを1枚も作ったことがなければ
信用情報を照会した業者の感覚として、カードを作れるのに取引履歴が全くない
=自己破産をして一切作れなくなり白紙になったのでは?
と考えるようで、何も事故情報がないのに審査に落ちるというケースも聞きます。

まとめますと、ローン審査に通りやすくするためには
ある程度収入があり、信用情報を一定期間積み上げることが必須となります。
複数の会社に一度に申し込むとそれだけで印象を損ねますので
申し込むタイミングと申し込み先は十分考えてトライしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です